お尻ニキビを解決する自宅ケアガイド

原因

ここでは、お尻にニキビができてしまう様々な原因についてまとめておきます。

お尻のニキビができてしまう原因

お尻にニキビができ始めると、治りにくいため悩みの種に。

きちんと治すためには、原因を突き止めて改善が必要になります。主に4つの原因がありますのでひとつずつチェックしてみましょう。

お尻が蒸れている

1日中椅子に座ってデスクワーク、という方はお尻が蒸れやすい状態になっています。お尻と椅子が長時間接していると通気性が悪くなり、汗や皮脂汚れが毛穴に詰まってアクネ菌が繁殖しやすくなってしまいます。

デスクワークの方は、通気性の良い素材の下着やドーナツ型のクッションを使うようにするのがおすすめです。

そして1日の終わりにはお風呂に入り、綺麗に毛穴の汚れを取り除くようにして清潔を保つことも大切です。

血行不良

座った状態が長く続いたり、締め付けの強い下着を着ている場合は、お尻の血行が悪くなっている可能性があります。血行が悪くなると、肌の新陳代謝が低下して老廃物が溜まりやすくなり、お尻にニキビが出来る原因となってしまうのです。

特に、太ももとお尻の境目がきつく感じる下着は血行不良を起こしやすいので避けたほうが良いでしょう。

血行不良が原因の場合、マッサージで血行を良くするのも効果があるようです。

ホルモンバランスの乱れ

生理中はニキビができやすい時期と言われています。この時期はホルモンバランスが崩れやすく、皮脂分泌がいつもより過剰になり、毛穴が詰まってニキビが発生しやすい状態になるからです。

ストレスや生活習慣

お尻ニキビの原因のひとつ・ストレスや生活習慣上記のホルモンバランスの乱れとも繋がってくるのですが、強いストレスを感じたり、睡眠不足になっている時、食生活が偏っている時などもホルモンバランスが崩れてニキビや吹き出物ができやすいです。

ホルモンバランスの乱れを整えることは自力では難しいと思いがちですが、生活習慣を規則正しく整えるだけでも効果はあります。

このように、原因は様々なのですが、ストレスなどで免疫力が低下した時などは、特にお尻にニキビができやすいようです。次のページでは、上記の問題点を改善するための方法を探っていきます。

 
お尻ニキビを解決する自宅ケアガイド