お尻ニキビを解決する自宅ケアガイド

ニキビ以外の病気

ここでは、お尻ニキビと間違いやすい皮膚疾患についてまとめてみました。中には病院での治療が必要なものもあるので、お尻にぶつぶつがある・お尻におできがあるという方は、念の為チェックしてみて下さい。

ニキビと間違いやすい皮膚の病気

お尻は、座っているときや寝ているときなど、長時間にわたり摩擦や圧迫されています。そのため、ニキビやおできなどができやすくなります。

お尻のできものは様々な種類があります。それぞれの特徴や原因を知って対処していきましょう。

粉瘤(アテローム)

ニキビ以外でお尻にできるおできと言えば“粉瘤”が最も多いようです。

粉瘤というのは、何かのきっかけで垢や皮脂が毛穴の奥深く(毛包)に溜まってしまい、そこに細菌が入り込んで化膿することでできる良性の腫瘍です。

一見、ニキビとよく似ているので気が付きにくいのですが、ニキビのように自然に治ったりセルフケアで治まるものではないので、専門医による治療が必要になります。酷くなってくると炎症を起こして赤く腫れ、細菌感染などを引き起こす可能性もあります。

ニキビと粉瘤の見分け方は、毎回同じ場所にできるかどうか。

粉瘤は、いつも同じ毛穴に発生するのが特徴なのだそうです。最初は小さいのですが、放置しておくと大きく腫れあがって強い痛みと熱をもつようになるので、気付いたらなるべく早めに治療することが大切です。

また、放っておいて一度治ったように見えても、粉瘤は再発を繰り返すので完治には手術が必要と言われています。

毛包炎

ひとつの毛包に、黄色ブドウ球菌あるいは表皮ブドウ球菌が感染して引き起こされる皮膚の病気です。毛包部に軽い傷がついてしまった時(ムダ毛処理などが原因)や、皮膚が湿った状態が長く続いた時などに起こりやすいようです。

毛包の浅い部分の感染症なので、かゆみや痛みはないことが多いですが、多くは小さく赤いぶつぶつができた状態で見た目は小さなニキビのようですが、ニキビとは異なるもののようです。場合によっては中央にうみを持って赤く腫れたりします。

お尻以外にも、首の後ろや太ももにも出来やすく、1個~数十個になることもあるようです。

多くは放っておいても数日で改善します。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)

毛孔性苔癬(もうこうたいせん)は、体の毛穴に角質が充満し表皮にまで盛り上がってぶつぶつができる皮膚疾患です。小児期、思春期によく見られ、原因は遺伝性であることが多いそうです。

健康上には全く問題のない症状なので、外見的に気にならないレベルであれば放置しておいて構いません。気になる場合は、美容皮膚科での治療(ピーリング・ダーマローラー・レーザーなど)で目立たなくすることもできます。

また、お尻のニキビやザラつき用の化粧品を使っても効果的なようです。

その他、お尻にできる可能性もある“おでき”の色々

おできは粉瘤以外にも色々と種類があるようです。特にお尻にできやすいというわけではないのですが、参考までに載せておきます。下記のものは、いずれも病院での手術が必要です。

  • 脂漏性角化症…加齢とともに増える皮膚の良性腫瘍。シミに似ていて盛り上がっている。
  • 色素性母斑…黒褐色のあざで良性。ほくろのような小さなものから、大きなものまで大きさは様々。
  • 悪性黒色腫…メラノサイト(色素細胞)がガン化したもの。悪性度の高い皮膚がんで、ほくろのがんと呼ばれている。
  • 基底細胞癌…表皮細胞が悪性化したもの。顔にできることが多い。
 
お尻ニキビを解決する自宅ケアガイド